折尾での不思議な出来事

久しぶりの投稿ですいません。忙しさにかまけてブログを更新してませんでした。これからはせっせと書きますのでどうかこのとりぢゅうを忘れないでください(T_T)
さて冗談はさておき、ここ北九州では先週桜の開花が発表されましてもう、ちらほらと咲きだしていますね。最近の天気も快晴でして急に春が来たような気がします。春と言えば、僕と立場が近い人もいらっしゃるでしょう・・。「花粉」です。鼻水とくしゃみが止まらず、マスクが心の友となっている方も多いでしょう。僕も自分の鼻からでる鼻水をみてはいったいどれだけでるのか不思議でしょうがないです。目もイガイガと気苦労が絶えません。
「不思議・・」そういえば前から気になっていたことがあります。ずいぶん前の話なのですがお店の玄関先に木(赤く塗装されていますが)で出来た招き猫がある日ぽつんと置いてありました。気づいた時にスタッフや知人に聞いたのですが誰も知らないということ。狐につままれたような気がしましたが、縁起ものですからとくに気にすることなく、店舗先に置いたままにしました。改装の際は一度持って帰ってリニューアルと同時にまた店先の定位置に置きました。するとそこからさらに不思議なことがおきました。

中々気づきにくく最初は誰かの忘れ物かと思いました。

陶器の七福神?がやってきました。皆で驚いて笑いながら「他にもあるんぢゃないかと探したら・・。

これはウサギなのでしょうが、なぜウサギ?

ありました。ありました。さすがにスタッフ皆で笑ったのを覚えています。でも「ありがたいね」「誰かがこのお店を想ってくれてるんだ」と温かい思いになれました。粋なことをしてくれる人もいるもんだと感心してた後日。

さすがにこの大きさはすぐ気づきました。

ひっそりと竹に寄り添って居ました。この大きさにはびっくりでしたが勿論とりぢゅうの仲間入りです。
正直な話、まだ誰が置いたかわかりません。ですがこの場を借りて置いてくれた方に深くお礼と大事に使わせて頂いていると伝わっていれば幸いです。本当にありがとうございます。
顔も名前もわからない人の熱い想いに応えるべく、襟元を締めた今日この頃でございました。   とりぢゅう 俵 雅之

0 comments on “折尾での不思議な出来事Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です