バイトリーダーの支え

こんにちは。今年は例年通りに梅雨が来るとニュースで聞きました。ジメジメした天気は僕も含め皆様も嫌な時期です。でもこの世にはもちろん恵みの時期だと必要に感じる方もいらっしゃるでしょうから「嫌な時期」というのは差し控えないといけませんね(-_-;)失礼しました。
さて、今日はうちのバイトリーダーをご紹介しようと思います。
アルバイトとして入社してもうすぐ三年となります。

長崎出身で大学入学と共に北九州に住んでいます。

入社当時から同じ髪型なのでよく「二流韓琉スター」と失礼なことを言って絡んでいます。サッカーを小中高とフォワードでやっていたそうで仕事ぶりも負けず嫌いなところがあり、年数を重ねると共にメキメキと実力をついていきました。視野の広さや現場変化力に長けた考える力、段取りの良さなどリーダーとして申し分ない行動をとってくれます。僕としても頼れる存在でもあります。先月のゴールデンウィークのアルバイトシフトも自発的にまとめてくれて、いつも欠員に苦労する大型連休もスムーズな人材配置ができました。ありがたいことです。人という字は支え合って一つの字となります。太古の昔からその考えは同じだったような気がします。職場でも家庭でも誰かの支えなくして生活は成り立ちませんし心の拠り所も結局人なんだと思います。「ありがとう」の対義語が「当たり前」と言われるように、いつも支えてくれるバイトリーダーに感謝の念をもって接する事。一日一日と流れる日常、してもらうことの慣れを断ち切り営業やプライベートと「ありがとう」と言える自分にアップデートしていくことが大事ですね。
  とりぢゅう代表 俵 雅之

0 comments on “バイトリーダーの支えAdd yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です